ブログ

INTA 国際商標協会 年次大会参加(米国・シアトル)

もう先月のお話になってしまいましたが、米国シアトルで行われたINTA(国際商標協会)の年次大会に参加して参りました。参加の目的は、や…

弊所弁理士がWorld Trademark Review誌のThe World’s Leading Trademark Professionals 日本部門に2年連続でランクイン

この度、World Trademark Review誌の2018年・The World's Leading Trademark Profes…

APAA アジア弁理士会 年次大会参加(ニュージーランド オークランド)

11月4日(土)~7日(火)に、ニュージーランド・オークランドで行われたアジア弁理士会の年次大会に参加してきました!昨年10月のバリ…

中国 法治か人治か(追伸)

昨日、また新たに中国の特許事務所の方々が弊所を訪問くださいました。そこで、先般聞いた「審判局のトップが代わってから、不使用取消の決定を待たず…

中国 法治か人治か

先日、お客様から、中国で不使用取消請求と拒絶査定不服審判(覆審)を同時に請求したところ、不使用取消請求の結果を待たずに不服審判の審決が出てし…

現地代理人と良好な関係を維持することの重要性

3月は、弊所も期末で繁忙期を迎え、本コラムの更新が滞ってしまいました。このページは、それなりの内容の記事を書こうと思っておりましたが、通常業…

BREXITの影響について改めて考える

先日、英国のメイ首相が欧州単一市場からの撤退を正式に表明した。これにより遅くとも2019年3月には、英国はEUから完全に離脱することになる。…

マドプロ利用のメリット・デメリット(デメリット編)

マドプロ利用のメリット・デメリット(デメリット編)多忙のため、前回のコラムから時間がたってしまいましたが、ようやく時間に余裕ができたため…

マドプロ利用のメリット・デメリット(メリット編)

マドプロ利用のメリット・デメリット(メリット編)マドリッドプロトコルの国際的な利用度合外国(海外)に商標登録出願をするにあたり利用で…

ところで、米国の使用宣誓書は、どれくらい正しく提出されているのか?

使用主義の米国米国商標の更新・維持実務において、毎回、出願人・権利者を悩ませるのは「使用宣誓書」である。使用主義を基調とする米国の商標制…

さらに記事を表示する
PAGE TOP