ブログ

実務

指定商品翻訳の苦労(「登録商標」は指定商品にできない)

弊所は、事務所の規模の割には、いわゆる外内案件(外国からの日本出願の依頼)が多く、国内出願の半数を占めています。…

図形商標調査のささやかな楽しみ

図形調査は、ひたすら先行商標の外観を目視でチェックする必要があり、なかなか大変な作業です。第9類など、分野によっては、非…

BREXIT対応の整理(商標)

紆余曲折ありましたが、英国が2020年1月31日にEUを離脱することが正式に決定いたしました。これに関する商標実務への影…

中国では転売目的の商標出願が盛ん!

日本での1年間の商標出願件数が20万件弱ですが、中国での出願件数は2018年度に800万件に達したとも言われており、これ…

中国 法治か人治か(追伸)

昨日、また新たに中国の特許事務所の方々が弊所を訪問くださいました。そこで、先般聞いた「審判局のトップが代わってから、不使…

中国 法治か人治か

先日、お客様から、中国で不使用取消請求と拒絶査定不服審判(覆審)を同時に請求したところ、不使用取消請求の結果を待たずに不…

現地代理人と良好な関係を維持することの重要性

3月は、弊所も期末で繁忙期を迎え、本コラムの更新が滞ってしまいました。このページは、それなりの内容の記事を書こうと思って…

BREXITの影響について改めて考える

先日、英国のメイ首相が欧州単一市場からの撤退を正式に表明した。これにより遅くとも2019年3月には、英国はEUから完全に…

マドプロ利用のメリット・デメリット(デメリット編)

マドプロ利用のメリット・デメリット(デメリット編)多忙のため、前回のコラムから時間がたってしまいましたが、ようやく時…

さらに記事を表示する
PAGE TOP