ブログ

図形商標調査のささやかな楽しみ

図形調査は、ひたすら先行商標の外観を目視でチェックする必要があり、なかなか大変な作業です。第9類など、分野によっては、非常に多くの商標が出願されており、1000件以上を丹念に見ていかなければならない場合があります。

そんな作業の中で、個人的に、笑ってしまうような先行商標に出会えるのが、図形分類が「人間」の場合です。先日の調査過程で度肝を抜かれたのは、商願2018-110998でしたね。一気に、眠気も吹き飛びました(笑)。やたら画像の解像度が高いのも気になりますが、拒絶理由通知も興味深かったです。商標見本を載せるのが「引用」になるか微妙ですので、公報のリンクだけ載せておきます!

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2018-110998/BD543FAF9ECB09A8BCF271436BE83060AFD6AD3B2A96E179986C99C4EF9DE506/40/ja

その他、どこかで見たような絵柄もありました。こんな発見も、図形調査のささやかな楽しみです。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/c1800/TR/JP-2015-011006/7B6DED9273CD0ADEDAD9F80F68053DDB3EE121DC462539CCF430A75A175F02AB/40/ja

関連記事

  1. ところで、米国の使用宣誓書は、どれくらい正しく提出されているのか…
  2. 中国 法治か人治か
  3. マドプロ利用のメリット・デメリット(メリット編)
  4. 中国では転売目的の商標出願が盛ん!
  5. 指定商品翻訳の苦労(「登録商標」は指定商品にできない)
  6. BREXITの影響について改めて考える
  7. 現地代理人と良好な関係を維持することの重要性
  8. マドプロ利用のメリット・デメリット(デメリット編)
PAGE TOP