NEWS

カナダ 改正商標法の施行がさらに延期(2019年始め)

カナダ知的財産局は、改正商標法の施行がさらに遅れ、2019年初旬になる見込みであると発表した。かかる改正法は、2014年に議会を通過しているが、過去に出願・登録されている商標の指定商品・役務をニース分類に再分類することに時間がかかっているようである。使用宣誓書の実務が廃止される改正法施行を見越して、使用意思に基づく出願の使用宣誓書提出期限を延長している出願も数多い。現行実務で認められる使用宣誓書提出期限の延長期間は、正当な理由が無い限りは、出願日から6年が限度である。2019年初旬よりも早く延長期限が来てしまう場合には、再出願の検討も必要となるので留意したい。

PAGE TOP