ブログ

INTA 国際商標協会 年次大会参加(米国・シアトル)

もう先月のお話になってしまいましたが、米国シアトルで行われたINTA(国際商標協会)の年次大会に参加して参りました。

参加の目的は、やはり在外代理人との関係維持・強化です。海外の方々と仕事をするにあたっては、単なるレターのやりとりの関係を超えて、直接会って、お酒を飲んで、腹を割って話せる関係を作ることが大事です。それが結果として、お客様への質の良いサービスにつながり、またコミュニケーションが向上することは、仕事の効率化にもつながります。こちらが、メイン会場となるコンベンションセンターです。

IMG_20180523_155654

まずは参加登録をして、ネームバッジをもらう必要があります。これが無いと、会場内のミーティングスペースに入ることができません。しかし、朝早く来たにもかかわらず、すでに長蛇の列です。

IMG_20180519_093706

これが済むと、1時間きざみのミーティングが続きます。朝食を兼ねてのミーティングに始まり、ランチミーティングを入れてだいたい1日6~7件のミーティングをこなしていきます。ミーティングは、コンベンションセンター内でのミーティングスペースで行うことが多いですが、近くのホテルのロビーで行うこともあります。時間の無駄が生じないように、また次のミーティングに遅れないように、スケジュール調整は結構たいへんです。待ち合わせ用の「ミーティングスポット」が設置されるのですが、そこで待っていると、「15分経ったけど、まだ来ないんだよ」といったような声が、あちこちから聞こえてきます。この国際会議では、よくある光景です。

ホテルのロビーでミーティングする場合は、3時以降だと、ビールでも飲みながら話そうか?ということになり、カジュアルな雰囲気でのミーティングというか、雑談になります。人によりますが、私の場合は、仕事の話になることは少なく、プライベートの話で盛り上がることが多いです。外国まで来て、「うちの事務所は弁護士が何人いて。。。創業何年で。。。」という話を聞いても眠くなるだけですし、すぐに忘れてしまうだけです。また、そこで口頭で仕入れた実務情報は正しくないことが結構あるので(悪意がある訳ではなく、寝不足とか、その分野は専門ではないとかの理由で、何となくYESと言われている場合がある)、そういう話は後でメールでやった方が良いです。

4時以降は、いろいろな事務所が開催しているレセプションに顔を出します。お酒・食べ物は無料で出してくれますが、話すことに集中するので、食事に手を付けることはできないことが多いです。こちらの米国の事務所は、私の名(Kumpei)にちなんだ期限管理システム「Kumpbot」が運用されていまして(笑)、今回、その開発者と会うことができました。

IMG_20180522_173050

また、シアトルということで、野球場でのレセプションにも参加することができました。球場のスイートルームが貸し切りです。こちらの米国の事務所の所長さんとは、昨年に家族で日本に旅行に来られたときに、家族同士で遊びにいった関係で、呼んでいただきました。また、その後にお仕事もお願いするようになりました。

IMG_20180520_133533

夜は、レセプションのはしごです。こちらは、昔の駅舎を貸し切ってのレセプションで、メキシコの事務所が開催していました。結構、儲かってるんですね!

IMG_20180521_212423

シアトルというと「音楽の聖地」でもあり、ジミ・ヘンドリックスやニルバーナが、この町の出身です。ライブバーもたくさんあり、スペイン人の友人から「行くぞ」と言われて連れられていったブルースバーです。盛り上がっていましたが、時差ボケと疲れで、ついウトウトしてしまいました。

IMG_20180519_220023

遊んでばかりいるようですが、私の個人的な意見としては、昼間のミーティングよりも夜のレセプションで酒を酌み交わすことの方が、人脈を広げるには大事だと思っています。日本でも同じかもしれませんが。

ミーティングの合間には、薬局などを回り、商標の観点から興味深い情報を収集します。こちらは、米国版の「SALONPAS」と、薬局チェーンのプライベートブランドが並べて売られている光景です。右のプライベートブランドの方が高い値段がついているように見えますが、内容量は3倍なので、割安です。よく見ると、プライベートブランドのパッケージの下の方に「Compare to Salonpas(R)」と記載されており、いわゆる比較広告のような表示がされています。こういう表示の仕方は、アメリカでは許されているようです。

IMG_20180518_141527

こんなことを5日間繰り返すので、非常に疲れます。時差ボケのためか、身体が妙に活性化してしまい、どれだけ飲んでも二日酔いにならないのですが、あまり食べないため、昨年は1週間で4キロも痩せてしまいました。今年は意識して食べるようにしましたので、あまり痩せずに済みましたが、結局、これに頼ることになりました。アメリカ版はでかいです。健康のために!?小さい方を選びました。

33165986_2462279103797383_6842449279865323520_n

来年の開催地はボストンです。せっかくのボストン行きですが、このようなタフな活動が待っていると思うと、正直、全く楽しみではないです。やはり旅行はプライベートで行きたいですね。

関連記事

  1. APAA アジア弁理士会 年次大会参加(バリ島)
  2. 弊所弁理士がWorld Trademark Review誌のTh…
  3. APAA アジア弁理士会 年次大会参加(ニュージーランド オーク…
  4. 現地代理人と良好な関係を維持することの重要性
PAGE TOP